2008.9.28  横浜文化体育館【最終戦】     観衆4500人(超満員)
第7試合 3冠ヘビー級選手権(60分1本勝負)
× 諏訪魔
ラリアット→体固め
22分29秒
グレート・ムタ
グレート・ムタ 38代王者に
前回のケア戦で三冠の価値を下げてしまった諏訪魔。
ムタ(武藤)としての王者判定試合の様相も含んだ試合。案の定、攻めてはいるものの
決定的な場面を作れない諏訪魔。
ラストライドを毒きりで制したムタがマッハの攻めであっという間に三冠奪取。
やはり王者として何かが足りないという判定か。
これを乗り越えたとき、立派な王者になるだろう

60分1本勝負
第6試合

×
太陽ケア
鈴木みのる
MAZADA
ラリアット→体固め
24分20秒
小島 聡
天山
KAI



小島、TARU組53代王者に
テンコジは全日でも一応の評価は得ている模様。
その上でこの試合はKAIの頑張りが目だった。
世界ジュニアヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
第5試合 × 土方隆司 ポールシフト→体固め
25分30秒
丸藤正道
丸藤、念願の世界ジュニアヘビー戴冠
予想通り丸藤の奪取も結果的にやや苦戦の試合内容。戴冠後は全日Jrが大結集。
丸藤包囲網へ







第4試合
×

ジョー・ドーリング 
真田聖也 
フィル・アトラス 
体固め(ジョー・ドーリングのレボリューションボム)
13分56秒
TARU
 ゾディアック
 “brother”YASSHI
 


まさかのジョードーリングの裏切りVM入り
第3試合
西村修 ○
カズ・ハヤシ 
逆さ押さえ込み
8分7秒
 NOSAWA論外
 TAKEMURA
×
第2試合 × 大和ヒロシ 
キングコングラリアット
→エビ固め
8分23秒
近藤修司
第1試合
渕正信
征矢学 
首固め
9分 1秒
荒谷望誉
 平井伸和
×
2006新春ジャイアントシリーズ開幕戦
  HOME