FX外国為替証拠金取引の見習

通貨証拠金取引の説明

 FXとは、証拠金を為替業者に預け入れ、大部分は差金決済による各国の通貨の売り買いを行う取り引きのことを指す。FXという言葉は元来はForeign eXchangeである。

 外国為替保証金取引は、レバレッジ(てこ)を利用することで、預託金を上回る外貨を交換することができる。仮定としてレバレッジが100倍で交換すると1%の変動(1ドル=100円〜1ドル=101円)が100%の変化に相当する。実際には商品先物の証拠金取り引きと同じように損失がある価格を超えると、ロスカットルールによってただちに反対方向の売買がなされる。また、それよりも損金の小さな時点で追加の証拠金の預け入れ・追証を請求されるパターンもある。

 レバレッジの倍率を増やすほど為替市況の変動に伴う危険性は増大する。取引の仕方によっては多大なリスクを背負うので、実際の取引にあたっては外国為替相場に関係する広範な知識や経験が必要である。FX会社の中には400倍もの高いレバレッジも利用可能な外国為替証拠金取引業者も見受けられる。反対に証拠金と同額の外貨を取引するという外貨預金に近い比較的低リスクな取り引きもできる。

 商品先物会社、証券会社以外に、外国為替保証金取引を専門で展開する外国為替証拠金取引業者もある。FX外国為替証拠金取引の初心者におすすめな業者として、サイバーエージェントFXが経営する外貨exがある。

お気に入りリンク だるまや食堂